坐骨神経痛の原因を知ってますか?都島 オーソバランス都島山下鍼灸整体院

坐骨神経痛という言葉は誰しも耳にしたことがあるかと思います。

皆様はどんなイメージをお持ちでしょうか?

お尻の部分が痛い?

骨盤周辺の神経痛?

腰痛とは何が違うの?

腰椎椎間板ヘルニアとは何が違うの?

どこの部分が悪いの?

しかし、その原因は様々なことが考えられます。

今回は、

坐骨神経になってしまう原因をいくつかのリストをあげて分かりやすくご説明させて頂ければと思います。

オーソバランス都島山下鍼灸整体院で、

坐骨神経痛の患者様へお伝えしている

改善策や治療方法、自分でも出来る効果的なストレッチなども今回のブログで、ご紹介させて頂ければと思います。

原因は?

原因は様々な原因があげられます。

梨状筋【筋肉由来】

よく言われているものが筋肉が原因で坐骨神経痛が起こる場合です。坐骨神経痛に大きく関わるのが梨状筋と言われる筋肉です。

この場合、坐骨神経の通り道に梨状筋があり、その梨状筋が坐骨神経を圧迫して起こる坐骨神経痛がこれに当てはまります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰にある椎間板が脊柱にある神経を圧迫する場合に、坐骨神経痛の症状を起こします。

脊柱管狭窄症

脊柱管にある脊髄を靭帯などにより圧迫され、坐骨神経痛を起こします。

その他

腰椎すべり症や腰椎分離症などが坐骨神経痛の症状を起こします。

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛と腰椎椎間板ヘルニアの違いはご存知でしょうか?

よくごちゃごちゃにしがちですが、

腰椎椎間板ヘルニアは病名

坐骨神経痛は症状ということになります。

ですので、

風邪という名称が病名

咳というのが症状ということと同じです。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまったことで、

坐骨神経を圧迫し、神経痛がお尻、腰痛に似た症状、太ももの筋肉に沿った神経痛などが出てきます。

また、

坐骨神経痛は何も腰椎椎間板ヘルニアだけで起こる症状ではありません。

脊柱管狭窄症

腰椎分離すべり症

なども病名としてあげられます。

これらも坐骨神経を筋肉などが原因で神経を圧迫をしてしまい、坐骨神経痛を起こす原因を作っているのです。

坐骨神経痛の痛む場所

坐骨神経痛には痛む場所がまちまちであることが多いです。

それは坐骨神経の支配領域城であればどこにでも症状として痛みや痺れとい症状が出てきてしまう場合があるからです。

腰痛とは大きく異なり

原因である場所から離れた場所で痛みの症状が起こりやすいのも坐骨神経痛の症状の一つです。

ですので、

坐骨神経痛には腰などにはあまり症状を感じないことが多いです。ですので、腰痛との鑑別は非常にしやすいことが分かるのではないでしょうか?

特に症状の一つとして

お尻に近い場所に痛みや痺れが出たり、骨盤周辺に痛みが出たりすることもあります。

坐骨神経痛の一つの症状に腰には痛みを感じないということが一つ覚えて置くと良いでしょう。

坐骨神経痛を改善させるには?

坐骨神経痛には治療方法や改善方法があります。

またセルフで気をつけるだけでも改善は可能ですし、ストレッチなんかも坐骨神経痛の場合には、非常に効果的です。

マッサージ#C7243A

筋肉を緩めるためには非常に効果的な方法になります。

しかし、

筋肉を緩めるだけでは、その治療効果も持続的に効果を発揮し続けることは非常に困難です。

ストレッチ

坐骨神経痛に有効なストレッチは数多くあります。

坐骨神経痛に効果のあるストレッチはお尻の裏側の筋肉を伸ばしてあげることが重要になります。

骨格矯正

そもそも坐骨神経痛になるには原因があります。

その原因を解決せずには、再び痺れなどの神経痛が起こってしまうのです。原因となるツボをしっかりと抑えて施術や治療することが最も効果的と言えるでしょう。

姿勢改善

骨格矯正に付随しますが、坐骨神経痛の改善に欠かせないのが姿勢の意識です。筋肉を一時的に緩めるだけや神経の興奮状態を一時的に落ち着かせるだけでは、坐骨神経痛は再び起こってしまいます。

根本的な改善と、根本的な施術を行い治療を進めてくことが効果的に症状の改善につながります。

体を温める''''

人間は体温を上昇させると、筋肉が緩みます。また神経痛も興奮状態から落ち着きます。効果的に神経症状を落ち着かせる為には、湯船にしっかりと浸かり体を温めることが症状の緩和につながります。

適度な運動

坐骨神経痛の場合、筋肉による障害により症状が出てしまうケースが多いのですが、運動を日頃から行うことで筋肉がほぐれ、坐骨神経痛になる可能性を最小限にすることが可能です。

無理な運動や過度な負荷は、かえって筋肉を硬くしてしまう可能性がありますので、坐骨神経痛に悩まれている場合には、無理な運動はしないようにしましょう。

食事や飲み物を見直す

今のあなたのお身体を作っているものは、食べ物と飲み物からです。

食事は、ご自身のお身体を作ります。

ビタミンやミネラル、カルシウムなど偏りのない食事をすることが普段からの健康状態をサポートしてくれます。

特にカルシウムは、骨の元になりますし、運動をするときのエネルギーにもなります。バランスよく摂取することは非常に大切です。

まとめ

坐骨神経痛とは、

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰椎分離すべり症などから起こる症状のことであること。

その原因は、

梨状筋が神経を圧迫する筋肉の障害が原因であったり、腰椎の椎間板が原因であったり、骨盤の歪みからくるものであったり、脊柱管にある靭帯が原因であるケースがある。

坐骨神経痛の治療法は様々あり、

自分でセルフケアで行うことの出来るストレッチや姿勢の改善、マッサージや骨格矯正、骨盤矯正などの治療方法がある。

多くの場合、

手術をせずに治る症状なので、正確な治療法や正確な施術、しっかりとした知識を持って坐骨神経に向き合えば、今のお悩みの解決できます。

坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアにお悩みの際には、

オーソバランス都島山下鍼灸整体院までお気軽にお問い合わせください。

当院は、坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニア、腰痛を専門的に施術・治療させて鍼灸整体院です。病院や整形外科で治らない症状やどこの整骨院や接骨院でも症状が改善できなかったものに関しても、患者様のお悩みに向き合い今の痛みや痺れから解放できますように、効果的な治療を行います。

是非、

治療院や整骨院を選ばれる際には、

都島区のオーソバランス都島山下鍼灸整体院をお選び下さい。

コメント


認証コード4474

コメントは管理者の承認後に表示されます。