腰椎椎間板ヘルニアで手術は必要? 都島区 オーソバランス都島 

腰椎椎間板ヘルニアで手術は必要?

おはようございます!

本日もオーソバランス都島山下鍼灸整体院のブログをご覧になって頂きまして、本当にありがとうございます!

今回のテーマは

腰椎椎間板ヘルニアで手術は必要かというお話です。

答えから言いますと、

腰椎椎間板ヘルニアは手術が必要な場合はあります。

場合

ですので、全ての方が整形外科や病院で手術をしないと、

腰椎椎間板ヘルニアが治らないというわけではありません。

今回は、

腰椎椎間板ヘルニアとは何か?

どんな原因で起こるのか?

どんな症状なのか?

どんな治療方法があり、改善方法あるのか?

病院や整形外科ではどんな手術や治療を行うのか?

など、

患者様が不安に思われそうな事柄をあげて

ご説明させて頂ければと思います。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

みなさんよく聞く、

ヘルニアという言葉はどんな意味だかご存知でしょうか?

ヘルニアとは日本語に直すと飛び出ているという意味になります。

ですので、

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰のある椎間板が飛び出ていることを言うのです。

ここで注意して頂きたいことが

神経などの圧迫とは関係ないことをご注意ください。

何が言いたいのかと言いますと、

腰椎椎間板ヘルニアでも症状がある場合、ない場合とがあるのです。

一概に

腰椎椎間板ヘルニアだからといっても、

整形外科でレントゲンで検査しても、

病院でMRIを撮ってヘルニアを診断されたとしても、

症状や原因とは関係なく、

画像上で椎間板が飛び出ていることをヘルニアと呼ぶのです。

どんな原因で、腰椎椎間板ヘルニアは起こるのか?

腰椎椎間板ヘルニアになる原因は、

一つではありません。

また、転んだ、ぶつけたなどの明らかな原因もなく日常生活が原因と言われております。

腰椎に負荷がかかる姿勢を続けることで、椎間板に負荷や圧迫の状態が続くことにより

椎間板圧迫を受けることで、形を変えて変形をしてしまうのです。

最近では、

腰椎椎間板ヘルニアの言葉を聞かないということも少なくなったので、

腰痛や坐骨神経痛と同様に腰椎椎間板ヘルニアも現代病になりつつあるのかもしれません。

そして、

腰椎椎間板ヘルニア痺れや痛みの症状に関しては、

画像上ヘルニアが確認されていてもいなくても、

ストレス性の原因の場合も考えられると言うことも最近はお話に上がっています。

ですから、

病院や整形外科で外科的な手術をしてもヘルニアの症状に変化がなかったり、

再び、腰椎椎間板ヘルニアの症状である痛みや痺れが出てきてしまうのです。

神経と言う位ですので、ストレスによる何か脳に圧迫や刺激があるのかと考えられます。

腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状なのか?

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛とよく比較されるのですが、腰痛とは別の痛み方や症状です。

腰痛の場合、

限局した痛みの場合が多く、腰や背中周りに集中をして痛みを感じます。

病院や整形外科でレントゲンやMRIを撮っても画像上には腰痛の場合には、異常は見られません。

しかし、

腰椎椎間板ヘルニアの場合には、腰痛とは違い限局した腰部への痛みはあまり起こりません。

症状としましては、

ヘルニアが起こっているところより、

身体の下の方へ神経痛や痛みを感じることが多いのです。

よく、坐骨神経痛と言われるものもこの症状の一つです。

坐骨神経痛領域で、お尻や太ももやふくらはぎ、足の指先に痺れや痛みが起こるのです。

また、腰椎椎間板ヘルニアを鑑別するための検査方法があります。

ヘルニアかな?

と疑われる場合には、

レントゲンやMRIでの画像診断ができない場合、

この徒手検査を行います。

検査方法①SLR(下肢伸展挙上検査)

股関節が正常と仮定し、患者様の顔を見ながらベッドから下肢を持ち上げる。患者様が痛がる場所で止め、背中や下肢の痛みを訴えており、太ももの筋肉が伸ばされての痛みとは違うことを確認をする。痺れ感や放散痛の誘発の場合は、腰椎椎間板ヘルニアを高く評価する。

検査方法②ブラガードテスト

腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を調べるための徒手検査の一つです。ブラガードテストをする前に、先に膝関節を伸ばしたまま、股関節を曲げて足を持ち上げる(上記記載)、下肢伸展挙上テスト(SLR)という検査をして、痛みが出たところから約5度角度を下げます。その状態で足の関節を背屈させることで坐骨神経のさらなる伸びを行った時に、痛みや痺れが増すと腰椎椎間板ヘルニアの陽性の可能性が高いとされます。

検査方法③FNS

患者様が腹ばい(うつ伏せ)になります。その後、片足の膝を90度になるように屈曲させた上で、股関節を伸ばすようにして、足を上にあげていきます。(片方の手で、患者様のお尻のあたりをおさえ、もう片方の手で患者様の片足をもって、上に伸ばしていきます)異常がある場合には、太ももの前面のあたりに痛みが出ます。

検査方法④ケンプテスト

患者様が立位または座位で行います。患者様の大腿(骨盤)片手でを支え、反対の手で患者様の肩に手を置き、体幹を回旋させながら右後方・左後方にわずかに伸ばします。伸ばした時に、腰椎の局所的な痛みの場合は椎間板の損傷の疑いがあり、曲げた側の坐骨神経に沿った痛みや痺れが見られれば陽性で、椎間板ヘルニア(外側)等の神経根障害の可能性があります。曲げた側と反対側の坐骨神経に沿った痛みや痺れが出た場合、椎間板内側ヘルニアが疑われます。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法や改善方法あるのか?

まず初めに理解しておかなければいけないのは、

手術が必要な腰椎椎間板ヘルニアなのかどうかと言うことです。

最初にも申し上げました通り、手術を必要とする症状もあると言うこともあるのです。

手術を必要とする腰椎椎間板ヘルニア

排尿障害・排便障害が存在する腰椎椎間板ヘルニア

この排便障害(便が出なくなる)と排尿障害(おしっこが出なくなる)

に限っては、命の危険性がありますので残念ながら手術の適応になります。

逆に言うと。

それ以外の症状は、手術をしなくても改善する可能性は非常に高いのです。

ヘルニアの治療方法①マッサージ

筋肉を緩めることで、

腰痛の方には、腰痛はもちろん。腰椎椎間板ヘルニアの患者様にはヘルニアの原因である椎間板の圧迫を軽減させる作用がマッサージにはあります。

しかし、

マッサージだけでは、筋肉を緩めるだけで根本的な原因を解決できるわけではないので、マッサージとその他の治療方法や手技療法を合わせて治療することが大切です。

ヘルニアの治療方法②ストレッチ

マッサージ同様にストレッチには筋肉を緩め伸ばす効果が期待できます。

筋肉を柔らかくすることで、椎間板の圧迫を解放し、痛みの原因であったヘルニアを解消する手助けになります。

ストレッチも単体で行うと言うよりかは、他の手技療法と合わせて行うことで、より改善に期待できるでしょう。

ヘルニアの治療方法③骨格矯正

ヘルニアの多くは、腰椎への負荷が多いのことからだと考えられます。

普段からの姿勢を気をつけることや

普段からの姿勢を改善させることで

ヘルニアになってしまう可能性がある椎間板への負担が軽減させることができるのです。

マッサージやストレッチなどの手技療法と合わせて行うことで、より改善が期待できるでしょう。

ヘルニアの治療方法④温める

最も簡単にできる治療方法です。

筋肉は寒くなると固まり、温めると柔らかくなります。

最近は、

シャワーでお風呂を済ませてしまう人が多いと聞きます。

湯船にしっかりと浸かり、身体の芯まで温めることで、筋肉を柔らかくし、痛みの原因の神経痛の緩和にも有効です。無理な運動やトレーニングをするよりもより効果的に改善が見込めます。

ヘルニアの治療方法⑤運動・トレーニング

運動やトレーニングは必要な項目になります。

ただし、

神経痛がひどく我慢できないくらいの痛みがある場合には、トレーニングや運動は中止してください。症状が悪化したり椎間板に無理な負担がかかってしまう可能性があります。

コメント


認証コード3078

コメントは管理者の承認後に表示されます。